新しいホームページが出来ました

↓↓

www.toriishouyu.jp

鳥居醤油店バナー
鳥居醤油店トップページ
当店のご案内
工場のご案内
商品の紹介
お知らせ
お客様の声
リンク集
お問い合わせ
 ■ 工場案内
こうじ室内部
 こうじ室
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

土壁に囲まれたこうじ作りの室(むろ)。何段にも積み重ねられたこうじ蓋を手入れという作業を繰り返しながら、4日間かけてこうじを作ります。
もろみ蔵内部
 もろみ蔵
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

明治時代、七尾市街地を襲った二度の大火にも耐え抜いた土蔵造りのもろみ蔵。12個の杉桶に入ったもろみは、能登の気候と調和しながら、蔵に住みついている酵母とともに2年間、ゆっくり発酵を続けています。
槽前面側
 圧搾機
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

槽(ふね)と呼ばれるもろみしぼり機。100枚の麻袋を重ね合わせたあと、ゆっくり時間をかけながら生醤油を絞ります。
▲このページのTOPへ

 和釜
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

微生物や酵素の活動を止めるため、香気、色度を調えるために、薪を使い時間をかけながら生醤油を85度程度まで火入れを行います。
和釜

 貯蔵桶
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

火入れした後の沈殿物(火入れおり)を沈め清澄を待ちます。
貯蔵桶
こうじ造りやもろみ管理など、ほとんどの工程で機械管理されることが多いなかで、
当店は昔ながらの設備、道具を使い、ほとんどの工程を手作業で行っています。

当店の機械と言えば、もろみを汲み上げるためのポンプ、小麦を砕くための機械
だけです。昔からの道具を使い、できるだけ古いやり方で、できるだけ手をかけて
造っていくことが、私達のものづくりの原点です。

そんな思いが、使っていただくお客さんに少しでも伝わればと願っています。
▲このページのTOPへ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
鳥居醤油店